金箔の町金沢!~お城旅行記 難攻不落七尾城~

スポンサーリンク
旅行

こんにちはmizuです!

石川県七尾市にある七尾城の紹介です!

こちらの七尾城は標高約300mの頂上の場所に本丸跡があります。無数の石垣・砦があり、最大規模の山城となっています。天然の要害の為、越後の龍と呼ばれる上杉謙信でさえ攻めあぐねました!!

とても歩きにくいため、おすすめは駐車場があるのでそこまで車で行くことが良いと思います!!

七尾城とは?

そもそも「七尾」という名は「七つの尾根(山ひだ)」(松尾・竹尾・梅尾・菊尾・亀尾・虎尾・龍尾)から由来されています。

山頂から山麓までの自然地形を巧みに利用し、東方に長屋敷・西方及び北方にかけて西の丸・二の丸・三の丸を構えています。また、七尾の地名の由来となった七つの尾根を中心に多数の曲輪・石垣を重ねる最大規模の山城となっています。

山麓には城下の町並みが形成され京風の能登畠山文化が華やぎました。

歴史

室町幕府三管領の一つ、畠山氏から分かれた能登畠山氏の居城です。上杉謙信に滅ぼされるまでの間、畠山氏が治めていました。

築城年代は明らかになっていませんが、1428年~1429年と考えられます。しかし、当初は砦程度でした。そこから、増築・改築などを行い現在に至ります。

1577年の七尾城の戦いで上杉謙信に包囲され、滅ぼされてしまいます。その後、織田氏に領されて前田利家が入城しますが、小丸山城に移り廃城となりました。

特色

このお城の特色としては、山頂から七尾湾を一望できる絶景が広がっていることです!

そして、2006年、100名城に認定されています。

また、日本五大山城の一つです!!

金沢に訪れた際には観光地の候補としていかがでしょうか?


お城巡りランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました