七夕の由来とは?~短冊の色や飾りには意味があるの?~

スポンサーリンク
未分類

こんにちはmizuです!

7月7日は七夕の日です。3月3日の桃の節句や5月5日の端午の節句のようにご節句の一つです。そのため「しちせき」とも呼びます。

皆さんも色とりどりの短冊にお願い事を書いて、おりひめひこぼしにその願いが叶うようにとお祈りをした人はたくさんいると思います。

関連画像

星にお祈りをするロマンチックな七夕ですが、いったいいつからどのようにして生まれたのでしょうか?

その起源には数多くの説がありますが、

  • もともと日本の行事であった「棚機(たなばた)」と
  • おりひめとひこぼしの伝説、
  • 奈良時代に中国から伝来した乞巧奠(きこうでん)があわさったものと考えられています。

それでは、由来を見ていきましょう!

日本の行事「棚機(たなばた)」とは?

古来より日本にある禊の行事で、乙女が着物を織って棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり人々のけがれをはらうというものでした。 選ばれた乙女は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、川などの清い水辺にある機屋(はたや)にこもって神さまのために心をこめて着物を織ります。そのときに使われたのが「棚機」と呼ばれる織機です!

この行事が時の流れとともに、お盆の準備として行われるようになったのですが、その日付が、

7月7日の夕方(夜)

日の方に行う「棚機(たなばた)」ということで七夕と呼ばれるようになりました。

現在の七夕を「たなばた」と呼んでいるのもここから来ています!

おりひめとひこぼしの伝説

誰もが聞いたことのある、

1年のうちで7月7日だけ会うことが出来るという

おりひめひこぼしのロマンチックなお話。

簡単にですが、まとめてみました!!

おりひめとひこぼしのお話

天の神様の娘「織女(しゅくじょ)」は、機織りが上手な働き者でした。神様はそんな娘が自慢でしたが、毎日化粧もせず、身なりに気を遣わずに働き続ける様子を不憫に思い、娘に見合う婿を探すことにしました。

すると、ひたすら牛の世話に勤勉に励む若者「牽牛(けんぎゅう)」と出会います。この真面目な若者なら娘を幸せにしてくれると思い結婚相手に決めました。

恋に夢中で仕事をしなくなり、人々の服装は貧しくなり、牛はやせ細り病気も蔓延してしまいました。

それに怒った天帝が、天の川の両岸に引き離しましたが、ずっと泣いてばかりいる織女を見てかわいそうに思い、年に一度の7月7日の夜だけ会うことを許しました。

このようにして二人は愛を確かめあっているのです!

「織姫と彦星 イラスト」の画像検索結果

これで、7月7日に行う理由とストーリーが組み合わさりました!では、なぜ短冊にお願いごとを書くのでしょうか?

なぜ短冊に書くのか?

7月7日にお祈りをする中国の行事を「乞巧奠(きっこうでん)」といいます。乞巧奠(きこうでん)は、織女星にあやかって機織りや裁縫が上達するようにと、庭先の祭壇に針などをそなえて、星に祈りを捧げます。やがて機織りだけでなく芸事や書道などの上達も願うようになりました。

この話が平安時代に日本に伝わり、宮中行事として七夕行事が行われるようになりました。当時は梶の葉に書いていました。梶は神聖な木として扱われており、梶の葉に書いたのは「魔除け」のためだったとされています。

江戸時代になると七夕行事は一般庶民にも広く伝わります。このころから、和歌やメモに使われていた短冊に、お願い事が書かれるようになります。

ちょこっと補足

私たちは短冊に書いたお願い事を笹の葉に吊るします。なぜ笹の葉かというと?

笹や竹は生命力にあふれていて、まっすぐに成長することから神聖な植物であります。そのため魔除けとして考えられていました。その風習が今でも続いているのです。

短冊の色には意味がある?

今では様々な色がある短冊ですが、実は五色が正式な色なのです!その色は「青・赤・黄・白・黒」です。

七夕は前述したように中国の行事やお話しなどが合わさって出来ました。なので、短冊の色にも中国の影響を強く受けています。七夕だけではなく、当時は遣唐使や遣隋使を中国に派遣していたので様々な文化・知識を取り入れています。

では、短冊の色にどのような色があるのでしょうか?

  • 青の短冊→「仁」 思いやりの心のこと。
  • 赤の短冊→「礼」 感謝の心のこと。
  • 黄の短冊→「信」 誠実で嘘をつかないこと。
  • 白の短冊→「義」 私利私欲で行動しないこと。
  • 黒の短冊→「智」 学業に励むこと。
関連画像

飾りの意味は?

短冊の色に意味があるように飾りにも意味があります。その意味を簡単にですが、まとめてみました。

  • 折鶴→長生きできますように。
  • 短冊→願い事が叶うように。
  • 織姫と彦星→ずっと仲良くいられますように。
  • 星飾り→「織姫」と「彦星」に願いが届くように
「七夕 イラスト」の画像検索結果

まとめ

いかがでしたでしょうか?七夕の由来についてたくさんまとめましたが、昔の風習から徐々に変わってきていることもあれば、星伝説のように変わりないものまであります。

この素敵な行事がこのまま変わることなく伝わってくれるといいなと思います。

このように飾りや短冊には素敵な意味が込められています。皆さんも七夕にお願いをする際に参考にしてみてはどうでしょうか?

皆さんの願い事が叶うことを祈っています。

筆者の毎年の願いは「人生、楽して生きていけますように。」です(笑)


旅行・観光ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました