夏といえば浴衣で花火やお祭り!!~知ってますか?浴衣の歴史~

スポンサーリンク
旅行

こんにちはmizuです!

夏になると花火やお祭りに浴衣を着て楽しむ人たちをたくさん見かけます!夏に限らず、鎌倉や京都など風情溢れる古都の街でも季節を問わずに見かけるようになりました。

そんな浴衣の起源をご存知でしょうか?

浴衣の起源

「浴衣 イラスト」の画像検索結果

浴衣は平安時代の貴族が蒸し風呂に入るときに、水蒸気で肌を焼けどしないように着たのが始まりです。当時は「湯帷子(ゆかたびら)」と言われ、入浴時に着られていた着衣でした。

当時、入浴とは言っても現在のように湯に浸かるのではなく、蒸気を浴びる蒸し風呂で複数の人と入浴することとなり、汗取りとやけど防止、裸を隠す目的で使用されたものとされています。

今でいうサウナみたいな感じですね!

湯上がりに着て肌の水分を吸い取らせる目的で広く用いられるようになり、室町時代になると「身拭(みぬぐい)」と言われるようになりました。

浴衣は江戸時代になり町人文化の発展に伴って、通常の私服とは違い、素肌の上に着る略装として庶民の間に広がっていきました。一つ目の理由としては江戸後期に銭湯が普及したことがあげられます。そして「身拭」から「浴衣(ゆかた)」に進化してきました。

二つ目の理由としては、老中・水野忠邦の「天保の改革」があげられます。天保の改革で、財政が悪化していたので倹約令が出され町人は絹を着てはならないため、木綿の浴衣が益々発達しま

また、江戸時代頃から風呂には裸で入るようになりました。浴衣も初めは湯上がりの汗を拭き取るため(現在のバスローブ)に風呂屋の二階などで着ていたものが、次第にそのまま着て外に出られるようになりました。そして下着から外出着へとその用途を変えていきました。

江戸時代では、盆踊りや花見などに揃いの浴衣で出かけることが流行し、華やかな文禄が生まれました。また歌舞伎役者が舞台で着た衣裳を庶民が真似るなどしたことで、浴衣文化が江戸に花開きました。

そして明治時代に入ると涼しくて動きやすい浴衣は夏の普段着として定着していきます。それまでの浴衣の染色方法とは違う染色方法が生み出され、浴衣が大量生産できるようになったという背景もあるようです。

その後は洋服文化が日本にも広まり浴衣を含む着物を普段着として着ることはあまりなくなりましたが、夏の普段着という名残から夏祭り、花火大会などのイベントで着られるようになりました。

若い世代に人気の浴衣


最近では、プリント柄の浴衣が販売されて安価で着付が簡単なもの多く販売され、和装の中では日本人に最も広く受け入れられており、子供から年配層まで幅広く人気です。

昔からある白地や紺地に古典模様の浴衣は「古典柄」、今風の鮮やかな彩りの浴衣は「ブランド浴衣」と総称されています。浴衣と共に、帯も彩色豊かなものが増えていま

またSNS(Facebook、Instagram、Twitter等)の普及もあって、ゆかたを着た姿をインターネットの世界に公表する男女が急激に増えています。5000円程度で借りられるレンタルゆかたもあり、女性を中心に浴衣遊びの愉しみが増えてきています。

https://item.rakuten.co.jp/nadesiko/y-set-038-1/
https://item.rakuten.co.jp/ohkini/kawaii-yukata/

甚平の歴史

「陣羽織」の画像検索結果

甚平は「甚兵衛羽織」の略で「甚兵衛という名の人が着ていたことから」という起源説もありますが、江戸時代末期に庶民が着た「袖無し羽織(そでなしばおり)」が、「武家の用いた陣羽織に形が似ていたことから」という説のほうが強いとされます。

身分の高い武士が立派な造りの陣羽織を身に付けているのに比べ、下級武士は質素な陣羽織を纏っていたのです。この、下級武士が身に纏っていた陣羽織を真似て作成された物が「雑兵用陣羽織」です。

つまり、「雑兵用陣羽織→陣兵羽織→甚兵衛羽織」と変化してきたとされています。

この陣兵衛羽織を着物に仕立て上げた物が現在我々の知る甚平、という事になります。元々は合戦時に使用していたので、外で着用する事を目的として作られた物なのですが、段々と外から内での使用へと変化していきました。普及したのは大正時代で、大阪であったといいます。

純和風の香り漂う歴史ある衣服ですが、現在でも愛用する男性は多く、最近では若い年齢層の方も好んで使用している傾向にあります。ゆったりと着る事が出来、くつろぐにはもってこいの衣服なので、寝間着代わりにしている人も少なくありません。

これからの猛暑を防ぐにはもってこいですね!


旅行・観光ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました