縁結び神社・恋人の聖地~足利織姫神社~

スポンサーリンク
旅行

足利織姫神社は、織姫山の中腹にあり、織姫公園の中央に位置しています。そのため、四季折々の木々や花に囲まれています。

春には、藤や八重桜。夏になると229段の階段を銘仙灯でライトアップを行い夜を涼しげに彩ります。秋には真っ赤な紅葉。冬になると銀世界に様変わり。

そんな足利織姫神社ですが、「縁結び」として全国から参拝者が訪れています。なぜ、縁結びなのか、また、由緒などをお伝えできたらと思います!

足利織姫神社とは?

『足利来るなら織姫様の 赤いお宮を目じるしに カラリコトントン カラリコトン 足利絵の街 機の街』と足利音頭に歌われた足利織姫神社。

1300年の歴史をもつ神社は赤色が基調。織姫という名前もなんともロマンチックな名前です。恋人の聖地・縁結び神社として知られるのがわかります。

しかし、この神社は機織(はたおり)が盛んな足利に機織の神社が無いとういうことで1200年余の機場としての歴史をもつ足利。1705年に「天照大神(あまてらすおおみかみ)」の絹の衣を織っていたという「神服織機神社(かんはとりはたどのじんじゃ)」の織師、「天御鉾命(あめのみほこのみこと)」と織女、「天八千々姫命(あめのやちちひめのみこと)」の二柱を現在の足利市通4丁目にある八雲神社へ合祀。その後、明治12年(1879年)機神山(はたがみやま)(現在の織姫山)織姫神社を遷宮しました。平成16年6月、社殿、神楽殿、社務所、手水舎が国の登録有形文化財となりました。

織姫と彦星から命名されたのかと思ったら違いましたね。229段の階段を上ると関東平野も一望できます。

ソース画像を表示

階段を上がり振り返ると絶景が!!!

縁結びとしての織姫神社

二柱の神様は一緒に織物(生地)を織って、天照大御神に献上したといわれています。織物は、「たていと」と「よこいと」が織りあって織物が出来ることから、縁結びの神社といわれるようになりました。現在では男女の関係だけではなく様々な縁を結ぶこととして有名となっています。

ご縁としましては以下です!

  • 「よき人と縁結び」 
  • 「よき健康と縁結び」 
  • 「よき智恵と縁結び」
  • 「よき人生と縁結び」 
  • 「よき学業と縁結び」 
  • 「よき仕事と縁結び」 
  • 「よき経営と縁結び」

の七つがあります。皆さんもぜひ、縁を結びに参拝をしてはいかがですか?

恋人の聖地としての足利織姫神社

2014年足利織姫神社は、産業振興と縁結びの神様として恋人の聖地 に認定されました。

愛の鐘

こちらが2人で鳴らすと幸せになれるという「愛の鐘」です!

目の前に広がる関東平野を眺めながら愛を誓いあってください。

愛むすび

「足利織姫神社 愛結び」の画像検索結果

2人の想いを込めながら一緒に付けてください。

縁結びなどのお守り

「足利織姫神社 愛結び」の画像検索結果

お守りだけでなく、オリジナルの御朱印帳などもあります。ご参拝の記念にもいいですね!

恋人の皆さん二人の愛を誓いに行ってみませんか?

七夕の素敵な言い伝え 

むかし昔、都よりはるか遠い下野(しもつけ)の国あしかがにひとりの美しい娘がすんでいました。ある日、娘が機を織るために糸をつむいでいると、そこへ都より若い織師が訪ねてきました。そして、織師は、その娘に都で流行っていた機織りをまいにち熱心に教えました。

「機織 イラスト」の画像検索結果

娘は、織師と一緒に機を織ることが楽しく、朝から晩まで一生懸命に機を織り、その布を渡良瀬川のすんだ流れの中にさらすと、川いちめんに花が咲いたような美しさでした。

何年か過ぎたある日、都よりむかえの使者がきて織師は、都へ帰らなければならないことになりました。娘は、悲しみのあまり機を織ることをやめ、まいにち魚住山に登り、都に帰ってしまった織師にあえることを祈っていました。

ある日、渡良瀬川のほとりにたたずんでいると、ひとりの白いヒゲをはやした老人がとおりかかりました。老人は、娘に一生懸命に機を織り、その布を神様に捧げればかならず願い事がかなうと伝えました。娘は、都に帰ってしまった織師に逢えることを願っていっしんに機を織りました。

「織姫と彦星 イラスト」の画像検索結果

やがて、神様は一年にいちど、七夕の夜に逢えるように娘の願いをかなえてくれました。七夕の夜には、渡良瀬川が天の川となって都まで広がり、織師は星の船にのって娘に逢いにきました。そのとき、織師がまとっていた布は、娘が神様に捧げた布でした。

娘は、いつしか織姫とよばれるようになり、都を望む魚住山の中腹に織姫神社が建立され織姫は、「天八千々姫命(あめのやちちひめのみこと)」織師は、「天御鉾命(あめのみほこのみこと)」になり、織物のまち足利の守り神として足利織姫神社に祀られることになりました。

足利神社公式HPより

まとめ

いかがでしたでしょうか?織姫神社には素敵な言い伝えなどがたくさんありますね。皆さんも新しく環境などが変わるときや節目の時期などにご縁を結びに行ってみてはいかがでしょうか?良いご縁に結ばれることを祈っています。


国内ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました