広島・島根旅行 ~広島タウンを歩く~

スポンサーリンク
広島

こんにちはmizuです!

今回は広島・島根三泊四日の旅行の2日目です!二日目は宮島から移動して広島タウンを巡ります!

まずは表参道商店街を再度歩きます!

広島タウンへ行く前にもう一度、表参道商店街を歩きます!

やはり、広島と言ったら「もみじまんじゅう」ですね!この表参道商店にある「紅葉堂 弐番屋」では、もみじまんじゅうを天ぷらにした揚げもみじを味わうことが出来ます!

店舗のご案内 | 宮島名物グルメ 揚げもみじ・もみじまんじゅう「紅葉堂」
宮島土産のもみじ饅頭(もみじまんじゅう)、宮島新名物「揚げもみじ」を製造販売する紅葉堂(もみじどう)。

出来たてアツアツ、そしてサクサクしていてとても美味しいです!味はあんこ、クリーム、チーズ、瀬戸内レモンなどの種類があります!

揚げもみじ
紅葉堂公式HPより

こちらは、クリーム味です!

揚げもみじ
紅葉堂公式HPより

こちらはスタンダードなあんこです!

いや~もう1回食べたい!!

宮島には国の重要文化財となる貴重な建築物などが数多く残っています!例えばこちらの五重塔もそのうちの一つです!

檜皮葺(ひわだぶき)の屋根と朱塗り柱のコントラストがとても美しいです!

このような文化財は厳島神社の周辺にあり、深い関わりのある社寺が点在しています。絶景や貴重な仏像などにも出会える歴史散策をするのも風情があり、素敵ですね!

そして、船に乗り宮島を旅立ちます!

宮島

焼き牡蠣の食べ放題へ!

宮島口から徒歩で10分ほどで島田水産という場所に着きます!ここで焼き牡蠣を食べ放題出来ます!お値段も1時間2300円と安く、かき飯と味噌汁が付いてきます!

かき小屋 | 島田水産 広島産牡蠣の養殖販売
広島・島田水産は江戸時代よりカキ船でカキ料理を振る舞い300年以上の伝統を受け継いでいるカキの生産者のお店です。広島にお越しの際は是非お立ち寄りください。大人気のカキ小屋、牡蠣の直売・地方発送を行っています。

さあ、焼いて食べます!

島田水産HPより

生産現場でそのまま焼いて食べることが出来るのでとても、新鮮で濃厚。焼いていてもクリーミーです!

焼きすぎると牡蠣の殻が弾けたりしてビックリします!

正直、いつ殻が弾けるかわからないのでビクビクしながら食べていました(笑)

1時間たっぷり食べ、お腹も膨れ上がったので、宮島口に預けていた車で広島の中心地へ向かいます。

広島の観光都市、広島タウンへ!

原爆ドームが建つ平和記念公園をはじめ、広島城や縮景園、八丁堀などの名所が点在しています。名物料理が楽しめる飲食店もたくさんあります

その中で、広島城と平和記念公園を観光しました!

広島城へ

広島城は戦国時代に築城されたお城です。名古屋城、岡山城と共に日本三大平城に数えられています!そして、日本百名城に認定されています。

別名を「鯉城(りじょう)」と呼びます。なんでも広島城があった場所が「己斐浦(こいのうら)」と呼ばれてたり、鯉という地名だったとか、天井が黒いからなど様々な説があります!

そんな広島城はこちらです!

外観は黒くはないですね!天井も黒くはなかったような、、、。

実際に黒くても空襲により焼失してしまい、1958年に再建されたものなので当時の色はわかりません。

そして、この時チームラボが広島城で光のアートを行っており、たまごがいっぱいありました(笑)最初は何だろうと思っていたのですが、光るととてもキレイです!

チームラボHPより

やっぱり卵です(笑)

チームラボHPより

様々な色で輝き、それに呼応する広島城がとても幻想的な空間をあげています。と同時に旧天守閣にに使われていた礎石に立つ卵は、今度は負けないぞという力強さを示しているようにも思われます。

また、生命の誕生を表しているのかもしれません。空襲の地となってしまい、70年は緑が戻らないと言われた場所であるがゆえに考えさせられてしまいます。

平和記念公園

1945年、8月6日に広島に原爆が落とされ一瞬で街は破壊され、多くの命が奪われました。その事実を伝える原爆ドームや資料館を訪れ、当時の広島で何が起こったのか、今後の平和の道を考えさせられる場所です。

こちらが原爆ドームです

なんでも真上に原爆が落ちたため、かろうじて残っているみたいです。原爆の恐ろしさが伝わってきます。

それにしても、海外からの観光客が多いです!

続いて原爆資料館へと向かいます。

ソース画像を表示

ここでは第二次世界大戦のことについて、原爆の恐ろしさや、なぜ落とされたか、被爆者の方の悲痛な思い、亡くなった方の遺品なども展示してあります。

亡くなった方の遺族の痛み、悲しさがものすごく伝わってきます。

ここには海外の人もたくさんおり、それこそ言葉も通じない人がたくさんいますが、原爆の恐ろしさや悲痛な叫びはきっと届いています。そして、原爆をもう二度と落とさせてはいけないという気持ちは一緒という実感がします。

二度と悲劇が起こらないといいです。

では、二日目はここまでです!次回は島根県の出雲大社を観光します!


国内ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました