玉作湯神社【願い石・叶い石】で縁結び~広島・島根旅行記~

スポンサーリンク
島根

こんにちはmizuです。

今回は広島と島根旅行四日目のお話しです!飛行機の時間が早かったので、観光場所を二か所に絞りました。

その観光場所が旅館の近くにある自分でお守りを造れる「玉作湯神社」と現存12天守の一つである「国宝松江城」です!

縁結び神社~玉作湯神社~

ソース画像を表示
玉造温泉街より

玉造温泉街をゆっくりと歩きながら散策します!

川のせせらぎの音も聞こえてきてとてものどかで気持ちいですね。自然を味わって歩いていると「玉作湯神社」に着きました!

ソース画像を表示
玉作湯神社より

なんでもこの神社は「願い石と叶い石」があり、縁結びやパワースポットとしても有名です!叶い石は自分で願いを込めて作るお守りです!

では、さっそく作っていきます!

姫神スタイル
玉造ガイドより

①社務所で叶い石を受け取ります。叶い石は一つ600円です。

ソース画像を表示
玉作湯神社より

石の色を選ぶことが出来ます。好きな色を選びましょう!

②鳥居の前で一礼をします。

③境内の手水舎でお清めします!

ソース画像を表示
しまね観光ナビより
  • 左手→右手→御口をすすぎます→柄杓の柄をすすいで元に戻します。

④拝殿にお参りします。

  • 玉作湯温泉では「二礼・二拍手・一礼」です!

⑤叶い石を袋から出して御神水でお清めします。

⑥清めた叶い石を願い石に直接触れさせます。この時にお願い事を心の中で唱えます。

ソース画像を表示
しまね観光ナビ

こちらが願い石です!なんでも願い石は昔から神社に奉られており、不思議な力を宿している石です。たしかに力を宿していそうです!

⑦拝殿で願い札にお願い事を書きます。二枚書いて一枚は宮司さんが神様にお願いをしてくれます。もう一枚は叶い石と一緒にお守り袋に入れて出来上がりです!

願いが叶うといいな~。と思いいつも持ち歩いています。叶ったら返しに行きましょう!

皆さんもお気に入りの色で夢が詰まった自分だけのお守りを作ってください!

国宝 松江城

宍道湖沿いを進み景色を眺めながら車で走っていると、住宅街?町の中心部あたりに雄大にそびえたつお城があります!これこそが国宝である松江城です!

ソース画像を表示
しまね観光ナビより

黒色が基調となっており、かっこいいです!!!

国宝指定されているのは松江城を含めると五つのみで、日本三大湖城の一つにもなっており、現存天守なので見所も満載、とても迫力があります!

いかがですか?まじかで観た国宝は!荘厳とした雰囲気に包まれています!

ここで、松江城の歴史に少し触れたいと思います!

松江城の築城は1611年、堀尾吉晴は関ヶ原の戦功により、出雲・隠岐両国を拝領しました。そして、築城の場所を宍道湖など交通の要所である松江に決定し、孫の忠晴を助けて松江城と城下町を建設し、現在の松江市の礎を築きました。

堀尾義晴の肖像
松江城HPより 堀尾吉晴

その後、京極氏と松平氏が治め明治維新を迎えます。明治初期の廃城令によって松江城は城内の建物は全て解体され売却される予定でしたが、地元の有志によって天守閣だけは旧松江藩主高城権八や豪農勝部本右衛門親子らの奔走により買い戻されて解体を免れました。

以降も市民の手によって守られ今日に伝えられています。

松平直政の肖像
松江城HPより 松平直政

明治時代になると廃城令などによりお城が次々と壊されていく中で、地元の人たちの手により守られてきた松江城。その他にも日本には人々の手により守らてきたものはたくさんあります。

この先も、先人たちに守られてきたものから文化や想いを感じ取れて学べる世が続くといいですね!

空港へ!

松江城を堪能して空港に向かいます。帰りは米子空港から羽田空港へいきます!楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。歴史・食などを満喫することが出来ました!

皆さんも広島や島根に行く際にぜひ、参考にしてみて下さい!


国内ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました