おすすめ年賀印刷と年賀状の歴史!~日本の風物詩を学ぼう~

スポンサーリンク
未分類

こんにちはmizuです。

毎年年末年始になると必ずといって良いほど手に取って書いたり、読んだりするものに年賀状があります。近年ではメールやSNSなどの普及でかつてほど年賀状でやり取りされることは多くはありませんが、今もなお企業関係の方や年配の方を中心に年賀状のやり取りが行われています。そんなことを考えると、年賀状は日本の正月の風物詩であるといって良いでしょう。

また、量が多いとプリントをするのも大変であり、手間でもあります。そんな中プリント印刷を行っている会社もあります。

今回はおすすめの年賀印刷と歴史についてご紹介します!

おすすめの年賀印刷

ネットスクウェア株式会社

昨年注文実績15万件以上!国内最大級の年賀状印刷!

  • デザイン数1,200種類
  • クオリティの高いデザインをお安くご提供「おすすめお買い得デザイン」を追加
  • 宛名印刷も受付
  • 期間限定SALE 65%OFF
  • 枚数、合計金額に関わらず全国送料無料!
  • 大人気の写真入り年賀状は何枚写真を入れても値段が一律で大変お得

笑み年賀

笑み年賀は今年で11周年を迎えましたコラボ年賀のサービスをベースとして より簡単にご注文をいただけるように再設計した年賀状印刷サービスです。 年賀状デザインに加え、結婚報告・喪中のデザインも多く取り揃えてあります。

  • シンプルなデザインから切り抜きを使ったユニークなデザインまでバリエーション豊富。
  • 笑み年賀だけのサービス「切り抜き」デザイン。
  • 簡単な入力方法でご好評をいただいている宛名印刷は無料でご提供。
  • お子様のココ一番のポーズや、家族写真、スカイツリーや新幹線などなど、 写真の一部だけを切り抜くとまるでシール感覚!
  • スマホでも入力→プレビューまで簡単に行っていただけます。
  • ご注文から出荷までを最大2営業日まで短縮させます。

しまうまプリント

しまうまプリントのポストカードはすべて最高級のプロ仕上げ!! どこにもないしまうま独自の超低価格で最高級の仕上がりをご提供致します。

  • 自宅印刷よりも安い。早割で70%OFF!!!
  • 宛名印刷と送料が無料です!
  • 豊富なデザイン。たくさんのデザインから選べます。

Digipri(デジプリ)

豊富なテンプレートとスタンプで必ずお気に入りの年賀状が作れると好評です。おしゃれでかわいいデザインが女性に人気です。どこよりも安くて高品質な写真入り年賀状が売れています。

  • 高品質なフジカラー純正仕上げ。写真専門店と同じ銀塩写真プリントで作成します。
  • 写真が無くても、プロ専用の印刷機でプリントする印刷タイプ年賀状もご用意
  • おしゃれでかわいい856種類以上のテンプレート、300種類以上のスタンプで自分だけのオリジナル年賀状を作れます。
  • お客様満足度82%以上。
  • スマホ用かんたん年賀状アプリもご用意しております。

Rakpo

毎年大好評の高品質な年賀状印刷ができるラクポ♪シンプルデザインからご当地キャラまで、多彩なテンプレートを1300種以上ご用意!誰でも簡単におしゃれな年賀状が作成できます♪

  • 最短翌営業日発送!24時までのご注文で最短翌日仕上げ可能!
  • 1000種類以上のデザインからお好きなデザインを選べます。
  • 写真フレームも多数!
  • 富士フィルムの写真プリント採用の為、写真品質抜群です。
  • 業界最安値に挑戦!ハガキ代47円!
  • WEB上で管理できる便利な宛名管理機能 !

挨拶状ドットコム!

年間15万人が利用。かんたん便利なはがき印刷専門店。

  • 100人のクリエイターによるデザイン1000点
  • 送料無料!(要会員登録)
  • 宛名印刷基本料金が無料
  • 先着10万名様限定!年賀状収納BOX「きずなばこ」プレゼント
  • はがきが2円お得に♪Wお年玉年賀状
  • ご注文から翌営業日のスピード出荷

ふみいろ年賀状

ふみいろ年賀状は安くて早くてデザイン1200種類以上!他には無い『200%保証』でサポートもバッチリ♪どなたにも安心してご紹介頂けるネット最大級の年賀状通販サイトです!

  • 安心感抜群の200%保証!!お客様側での入力ミスや品質にご満足頂けない場合、1回に限り無料で再印刷を保証しています。   
  • 価格は業界最安値クラス、16時までのご注文は翌営業日発送というスピード対応です。
  • 53万件以上の出荷実績を誇る工場にて印刷・発送をしておりますので品質はご安心ください!
  • 年賀状のデザインはなんと【1100種類以上】をご用意しております
  • ベーシックなものからデザイナーズはがき、写真年賀状やビジネス用まで幅広く対応可能です!

おたより本舗

年賀状のネット受注件数4年連続第1位!全国送料&宛名印刷無料でお得、スマホからでも簡単に注文できるとご好評いただいております

おたより本舗|全国送料無料 最短翌日発送
 季節のご挨拶・結婚・出産・引っ越しから全てのお知らせが出来る!貴方と一生おつきあいできるはがきサイト1年を通して全てのおたよりが出せるのはココだけ!【お手軽・簡単】【完全返金保証】【全国送料無料】
  • 過去4年間、ネットでの受注件数全国第1位!
  • 全国送料&宛名印刷無料でお得!
  • 年賀ハガキにモノクロ印刷30枚が1,584円~と安い!
  • 年賀はがき代のうち5円を当店から還元!1枚58円でご提供!
  • 欲しいが見つかる、豊富なデザイン!約1,100種
  • 総額1,000万円のプレゼントキャンペーン!
  • 早期割引や複数割引などお得な割引を多数ご用意(最大50%オフ)
  • 納期の速さに自信あり!昼12時までにご注文の際は当日出荷!

平安堂

平安堂 年賀状印刷 業界最安基準 最大50%OFF!大切な人へ品格ある年賀状デザイン300種類以上。 安心の60店舗展開。簡単編集・薄墨印刷・宛名印刷・専門スタッフによる校正

  • 年賀状専属スタッフが年賀のマナーに沿って丁寧に修正対応する 「校正サービス」がなんと1件300円+税で実現!
  • 専属スタッフが仕上がりまで確認する「宛名印刷サービス」
  • 基本料金 1,000円+税 印刷代金 30円+税/枚
  • パソコンが苦手でも大丈夫!誰でも簡単注文ができるシステム設計!プレビュー機能あり!
  • スピード納期3営業日出荷が可能!
  • 写真年賀状は最高品質のNORITSUのQSS-38シリーズ、7,900万画素を導入!

年賀状の歴史

「年賀の書状」が成り立つには、「暦」と、「紙と文字」の普及が不可欠です。もちろんそれだけでなく、その書状を送り届ける通信の手段も必要でしょう。

日本に中国の暦が伝わったのは6世紀中頃、それが正式に採用されるのは7世紀の初めです。漢字の伝来はそれより古く、紀元前後と考えられていますが、当初は木片に書かれるのが普通で、紙が比較的容易に手に入るようになるのは6世紀以降です。

その後、7世紀中盤の大化の改新によりさまざまな制度が整えられ、政治的な伝令書を届けるために畿内各所に駅馬を置く「飛駅使」制度が始まります。遠くの人との書状のやりとりが行われるようになるのは、これ以降です。

それらから推察すると、日本で「年賀の書状」が取り交わされるのは、7世紀後半以降のことだと思われます。では、「日本で最初の年賀状」はいつ誰によって出されたのかといえば、残念ながら史料は残っておらず、正確なことはわかりません。

平安時代には存在していた

日本の年賀状の歴史は実は非常に長く、およそ1000年ほど前の平安時代のころから存在していました。この当時、貴族は毎年の年始に年始回りと呼ばれる慣習を行っていました。

年始回りは自分の知り合いのところに挨拶に出かけ、新しい1年の付き合いをお願いするためにものです。しかし、都やその近辺に住んでいる知り合いであれば直接挨拶に出向くことはできますが、遠方の場合は直接の挨拶にも時間がかかるという問題がありました。

そこで、遠方の知り合いには直接出向く代わりに、挨拶状を送ることで年始回りの代わりとしていました。この慣習が年賀状の原型とされていますが、当時の年賀状はあくまで貴族の慣習であり、一般庶民には普及していませんでした。

江戸時代

その後、中世・戦国期を通じ、駅伝」「飛脚」などの制度が徐々に確立してくると、一般の書状はもとより、年賀のための書状も多くなっていきます。戦国大名の書状なども多く存在しています。

さらに江戸期に入ると、街道の整備とともに「飛脚」制度が充実していき、江戸中期には、町人文化の爆発的な隆盛とともに、遠隔地だけでなく、江戸市中を配達する「町飛脚」なども多く現れます。武士階級だけでなく、庶民が手紙を出すことが、普通になってきたわけです。その背景には、寺子屋など庶民教育の急速な普及があったのです。「よみ・かき・そろばん」の「よみ」と「かき」は、手紙の読み方、書き方を習っていたのです。

それに伴って武士たちの間で正式な年始挨拶がますます盛んになっただけではなく、庶民の間でも年始の簡単な書状のやり取りが行われるようになりました。

「六月に 年始の礼は かへり花」

この句のように、現在のように元旦や正月期間中にきちんと届くようにしていたわけではなく、中には梅雨の時期(6月ごろ)に届いたという話さえも伝わっているほどです。

明治時代

明治維新は、あらゆる面で、欧米にならった近代化が怒濤のように行われた時期です。通信に関しても、ヨーロッパを手本とした仕組みが急速につくり上げられました。

郵便制度の誕生

今でこそ、年賀状のやり取りは郵便局を通じて行われていますが、郵便局ができたのは明治時代の近代化の中で郵便制度が誕生したことがきっかけでした。郵便局の設立に多大に貢献した歴史人物が前島密です。

彼はイギリスを視察した際に現地の郵便制度についてつぶさに見聞を重ね、帰国後に郵便制度の必要性を力説します。彼の尽力で1871年には東京や大阪などの大都市間で、1872年には全国的な郵便通信網が確立しました。

はがきの誕生

はがきの登場は、年賀状の普及に多大な影響を与えました。それまで日本の手紙には、はがきという形態は存在しませんでした。しかし、イギリスの郵政事情を見てきた前島密には、当時、ヨーロッパで急伸していた低額の簡易郵便「ポストカード」が、国民への郵便定着への決め手となるという読みがあったのです郵便事業が創業した2年後の1873(明治6)年には、すでに「郵便はがき」を発行しています。

迫られて生まれた年賀郵便制度

以上の状況に対して政府側も、年始の時期の集配の頻度を減らすなどいろいろと対策を講じましたが、根本的な解決にはなりませんでした。そこで、1899(明治32)年に指定郵便局に持ち込んだ年賀状を通常の郵便とは違う特別枠で扱うという年賀郵便制度を導入します。

年賀郵便制度は、12月20日から30日に郵便局に持ち込まれた年賀状を1月1日以降に届け先に配達するというものです。まもなく、1905(明治38)年になると全国すべての郵便局で年賀郵便制度が適用されるようになります。

太平洋戦争期

1937(昭和12)年7月に起こった廬溝橋事件により、いわゆる日中戦争が始まります。そして、その戦局は、年々悪化の一途をたどります。1938(昭和13)年には国家総動員法が成立、それ以降、世の中の雰囲気は、次第に「年賀状どころではない」というものに変わっていきます。

1940(昭和15)年には、年賀郵便の特別取扱も「当面の間」中止ということになり、翌1941(昭和16)年の太平洋戦争突入以降は、さらに自粛の声が高まり、通信省自らが「お互に年賀状はよしませう」と自粛を呼びかけるポスターを掲げます。終戦の年、1945(昭和20)年の正月には、どの家にも、年賀状はほとんど届いていませんでした。

年賀郵便制度の復活

戦争の影響で一時的に途絶えて年賀状も終戦の年の末に見られるようになります。ただし、終戦直後の混乱や物資不足の影響もあり、お互いの生存を喜び合ったり、また安否を確認しあったりするためにやりとりされたものでした。

戦前と同じように年始の挨拶のために年賀状をやり取りすることができるようになったのは、戦争が終わってから2、3年ほど経ち、幾分か復興が進んできた時期のことです。この流れから1948(昭和23)年には中止となっていた年賀郵便制度も再開されるようになります。

まとめ

いかがでしたか?

近年ではSNSが普及しており、年賀状というお正月の風物詩が徐々に姿を消しつつあります。しかし、手紙という形は手間ではありますが、一生懸命に作った分、相手にも思いが伝わると思います。これを機に年賀状を作ってみてはいかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました