お歳暮のおすすめ商品はこちら!~お歳暮の歴史について~

スポンサーリンク
未分類

お世話になった方へ、一年の感謝を贈るお歳暮

ところで、お歳暮って何?
なんで、贈り物を贈るの?

って、事で今日は、『お歳暮の起源と歴史』についての豆知識とおすすめの贈り物をご紹介します!

今日では日本の伝統文化としてすっかり定着している「お歳暮」

そもそもお歳暮とは、どのようにして始まり、どのように伝わっていったのでしょう。

おすすめのお歳暮をご紹介

お歳暮にはたくさんの種類があり、悩む方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、今回は喜ばれる商品をご紹介したいと思います。

「かねふく」の明太子

博多生まれの食文化をまじめに大切に伝えてゆく辛子明太子の「かねふく」です。 「かねふく」の明太子づくりの情熱、それは辛子明太子となる北洋での原卵選びから熟成まで、 全てを一貫して自社で行う生産体制と味付けにおける素材のこだわりにあります。

しかし、生ものとういうことで心配する方もいらっしゃると思います。そんなあなたにはギフト券もあります。ご予算に合わせて3000円、5000円、6000円のコースがあります!

メリットとしては
  • 季節や場所を選ばない。
  • お届け先の都合が気にならない。
  • お好きな日に商品が届く。
  • 贈り物が重複しても大丈夫。

くり屋南陽軒

くり屋南陽軒は、明治40年に創業いたしました。創業者である1代目から、2代目と2代目が東京の和菓子屋で修行をしている時、隣の本屋に勤めていて、甘いもの大好きなあまり、岐阜中津川まで嫁に来ることとなった女将との夫婦へ。そして、3代目を経て、現在4代目が、創業以来の完全手作りを守り続けて栗きんとんを作っております。甘いもの好きの血筋は脈々と受け継がれており、4代目は栗が大好きで幼稚園の時には、すでに虫歯になり入れ歯になったほどです。

日本テレビのお昼の番組、ヒルナンデスで栗柿が紹介されました。 信州の最高級の干し柿!市田柿の中に栗きんとんを入れた栗柿は 岐阜県民の高級スイーツとして、 テレビの【秘密のケンミンSHOW】でも紹介され10万個以上を完売!

お歳暮だけでなく、ギフトとしても人気の商品です!

お歳暮に最適♪栗きんとん発祥の地!岐阜中津川の創業百余年の老舗が造る、本物の栗きんとん&栗きんとん入り市田柿♪栗きんとんスイーツ専門店!お節とは違う味をお楽しみ頂けます!

アンリ・シャルパンティエ【洋菓子シュゼット】

1969年創業の洋菓子ブランド「アンリ・シャルパンティエ」の公式オンラインショップです。 代表商品の「フィナンシェ」は、販売個数世界一を達成しました。

素材、製法、見た目にもこだわった商品は、贈り物として大変喜ばれます。 ラインアップは、店頭で販売されているお菓子はもちろん、オンラインショップ限定の スイーツも多数ご用意しております。

焼き上げてから24時間以内にお届けする、工場直送のスイーツはオンラインショップ限定! ご自宅でご家族やご友人と過ごすひとときに、遠く離れた大切な方への贈りものに、 アンリ・シャルパンティエのスイーツをどうぞ。

4種のチーズソースを挟み込んだ新感覚えびせん【クアトロえびチーズ】

「クアトロえびチーズ」は 個性的かつ可愛くておしゃれなチーズサンドえびせんべい。 手掛けるのは創業60年を超える老舗海老煎餅屋【志満秀】で、 肝心の「味」にも一切の妥協なくこだわり抜いた逸品です。 女子会など日々の食卓が華やかになるのはもちろん、 贈り物に喜ばれること間違いなしの優れものです。

えびせんとは思えないほどカラフルでお洒落です!「クアトロえびチーズ」が今年度の全国菓子大博覧会で【農林水産大臣賞】を受賞!!

こんな方におすすめ!!!

  • スイーツ・和菓子がお好きな方
  • お子様から親御様へのギフト・プレゼント
  • 帰省のお土産 ・手土産、差し入れ
  • バレンタイン、ホワイトデー
  • 母の日、父の日、お歳暮、お中元など

優しさを贈る 瞬間吸水 純国産1秒タオル

タオルに必要なことは吸水性。創業150周年を迎えたホットマンの「1秒タオル」は優れた吸水性の証です。吸水剤といった薬剤により吸水性を確保するタオルが増えている中、薬剤ではなく天然の綿素材を生かすことによりすぐれた吸水性を生み出しております。

ホットマンのタオルの約80%が1秒タオル認定商品、豊富なバリエーションから、お好きなデザインやサイズをお選びいただけます。数々の賞を受賞し、テレビ、雑誌にも取り上げられた1秒タオルの素晴らしさを是非お試しください。

【1秒タオルがくれる幸せ】1秒タオルはゴシゴシしなくても吸水しますので、お肌や髪を大切にする方の強い味方です。 髪のお手入れにはシャンプーやコンディショナー選びも大切ですが、 タオルドライに毎日使うタオルの品質が大きく影響することが見過ごされがちです。 吸水性の良いタオルを使うことによってドライヤーの時間も短縮できるので、 デリケートな濡れた髪に優しく、電気代も節約になります。

女性へのプレゼントにもおすすめですね!

日本最大級のオンラインギフトショップ ギフトモール

いま話題の日本最大級、ギフト専門セレクトショップ「ギフトモール」♪ 名前入りの世界に1つだけのプレゼントや、誕生日ケーキ・フラワーギフト・ブランド商品・お名前ポエムなど、 100万人以上の購買データを元に売れ筋のセレクトアイテムがあります。

時期やイベントによって様々なプレゼントを選ぶことが出来ます!きっと素敵な商品が見つかること間違いなしです!

お歳暮のルーツ

お歳暮のルーツは、中国にあります。中国では、神様のお祭りでお供え物を季節ごとに贈っていました。 1月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元といい、天の神を祭る日としていました。これに日本古来のお盆という祖先の霊を供養する行事がまじり、定着したのが「お歳暮」「お中元」です。

お嫁さんから実家へのお供え物

その起源には諸説ありますが、一説にはその昔、お嫁に行った女性が毎年実家で奉っていた神様へのお供え物として実家へ贈り物をするようになったのが始まりだと言われています。

贈り物の内容は鮭や数の子等、様々だったようですが
決まって「食料品」を奉納していたと言います。

これがやがて”実家と嫁ぎ先とを結ぶ潤滑剤”としてとらえられるようになり、
結婚の際の仲人さんにも贈り物をするようになったのです。

次第にその範囲は広がっていき、
最終的には”日頃お世話になっている人たちへの贈り物の習慣”ということで落ち着きまし

先祖の霊を迎えるお供え物

お歳暮はもともと、お正月に先祖の霊を迎えるお御霊祭りのお供え物として贈られていました。つまりは、新年に向けて福を呼び込むためのお供え物だったわけです。当時のお歳暮の定番は、塩鮭や鰤、餅などの年越しに必要なもの。年神様のお神酒のつまみになるような、かずのこスルメといった珍味でした。いずれも日持ちするものが選ばれていたようです。分家した人や嫁いだ人が、本家や親元に12月31日に手渡しで贈っていました。

また、武士の組合があり、そこの組頭に年末に贈り物をしていたという記録もあります。その後、商人が年末に贈り物を持参して挨拶周りをしていた習慣から、一気に広まったと言われています。

明治30年代になると、親や親戚だけでなく、お得意様やお世話になっている方にもお歳暮を贈る習慣が定着していきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました