人類滅亡まであと5日。~あなたならどう過ごしますか?~

スポンサーリンク

人類滅亡まであと5日。僕は犯人を殺し、‶世界″を取り戻す

本屋さんを目的もな面白そうな本を探しながら、小説を手に取っていたらこの見出しが目に留まりました。

知念実希人さんの「神のダイスを見上げて」です。

面白そう!という感情が沸き上がりました。

タイトルと見出しもさることながら、カバーの絵もとても魅力的です。

犯人を殺し、世界を取り戻すと言っているのに公園のブランコで男女が隕石を見上げ衝突するのを待つ。どのような気持ちなのでしょうか。早速、手に取りレジに向かいました。

地球に向けて、巨大小惑星ダイスが接近中。人類は、あと5日で終わりを迎える。人々はその瞬間、『裁きの刻』をどう迎えるのか―。

高校生の漆原亮の姉、圭子が殺された。コスモスの咲き乱れる花壇で、全裸で胸にナイフを突き刺された姿で発見された姉は、亮にとって唯一の家族、“世界そのもの”だった。恋人のこともそっちのけで、亮はとにかく犯人を見つけ出し、自分の手で復讐したいと暴走。そして“あるもの”を手に入れるため、クラスの“禁忌”と呼ばれる異端児・四元美咲に接触する。

優しく、美しかった圭子を殺したのは、圭子の恋人だったのでは?しかしそれが誰なのかわからない。犯人を追い求めて、亮は圭子が入っていた天文学同好会、そしてダイスを崇拝するオカルト集団「賽の目」に踏み込んでいく…。人類滅亡まであと幾日もない中で、なぜ圭子は殺されなければならなかったのか―。

               絶望×青春ノンストップタイムリミット・ミステリー

ミステリーとしては最後まで誰が犯人かわからず、犯人が分かった時にはすごくすっきりとしました。

小惑星などが衝突する前の秩序が乱れた世界。衝突するかもという焦り。緊迫した中で人間がどのような行動に出るのか。ということがリアルに描かれています。

皆さんなら何をしますか?
家族と一緒に団欒しながら?恋人と二人きりで?お気に入りの場所で一人で?それとも主人公のように復讐?
余命宣告でもされない限りなかなか考えないテーマです。

ちなみに私は衝突する小惑星を海や山で寝転がりながら眺めたいな~。

きっと内心はすごく怖くて焦っているんだろうな。


コメント

タイトルとURLをコピーしました